身体の中で起こる症状にも気付こう|脳梗塞だって防げる

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的な検査が重要な鍵

カウンセリング

直腸がんは食生活の欧米化の影響もあり、年々増加傾向にあるがんのひとつですが、専門医の診断により発見率はかなり高い事がわかっているので、出来るだけ定期的な検査が望ましいと言えますし、自覚症状があるのであれば、早急に専門医の指示に従った治療をすることが予後を決める事になります。

More...

ピロリ菌ががんに関与

女性

胃がんは日本国内の部位別がん死亡率第3位で、年間10万人がかかり5万人が亡くなっています。胃がんの発生原因として、ヘリコバクターピロリ菌の感染が考えられています。ピロリ菌を除菌することで胃がんのリスクを減らすことができます。ピロリ菌の有無について調べ、ピロリ菌がいる人は除菌療法を受けましょう。

More...

自宅で治療できる

看護師

世田谷区では、高齢者が増えています。在宅医療には、料金が安く、住み慣れた自宅で療養できるメリットがあり、大いに注目されています。このような事情から、世田谷区では在宅医療電話相談センターが設置されています。適した医療機関や在宅医を選ぶ際に、大いに役立つシステムです。

More...

予防のための生活習慣

病棟

脳梗塞は脳の血管が突然詰まる病気です。症状としては脳の血管が詰まることによって引き起こされる手足の痙攣や言語障害、視界障害、平衡感覚の障害などがあります。脳梗塞の症状の特徴としては、片方だけに症状が現れるというのがあります。また、時間をかけてゆっくりと症状が現れるのではなく、ある日突然症状が現れるというのも脳梗塞の特徴です。日本では3大死因の一つとなっています。脳梗塞の恐ろしいところはたとえ病院へ行き、治療が無事に成功して命を取り留めたとしても何らかの後遺症が残る確率が極めて高いということです。また、今まで脳梗塞は40代以上の高齢者特有の病気でしたが、ここ最近の生活習慣の乱れなどによって若い人にも脳梗塞の患者が増えてきているのが最近の傾向です。

脳梗塞は、血液が詰まることによって発症する病気です。はっきりとした原因が分からないがんとは違い、根本的な原因が分かっているので、血液が詰まらないような対策をとることで発症のリスクを大幅に下げることが可能です。血液が詰まらないようにするには日常生活を見直すことがとても大切です。特に煙草やお酒を毎日愛用している人は脳梗塞になるリスクが高い人だといえるので、量を減らすことから始めましょう。また、運動不足の人も血管が詰まりやすくなります。無理に運動する必要はないので、エレベーターをつっているところを階段にするなど、少し歩くことを意識するだけでも大きく変わってくるでしょう。また、脳梗塞は夏場に発症しやすいとされています。夏場は意識して多めに水分を取るようにしてください。